医療機器を理解する

医療機器の営業担当の勉強

医療機器の営業担当に必要な勉強

医療機器業界は法令によって遵守事項が定められている専門的な業種です。そのため、行われる活動について法令の知識を必要とします。営業担当者についても、その業務上知らなければならないことがあります。他の業種と異なり、製品の知識だけでは不十分です。営業担当になった場合、まず医薬品医療機器等法の勉強が必要となります。情報提供や品質確保、トレーサビリティーなど規制があることを学びます。また業界で定めた公正競争規約を知っておく必要があります。適正な商習慣で医療機関との付き合い方をルール化したもので、法的拘束力があります。

営業を行うときに必要な情報

医療機器には必ず添付文書と呼ばれる注意喚起のための書類を添付することが義務付けられています。その中には使用時に注意する警告やしてはならない禁忌、禁止事項などが記載されています。また、発生が予想される有害事象、保守点検項目なども知ることができます。医療機器の営業担当者は添付文書に記載されている内容を理解し、医療機関に納品する際に確実に情報提供する必要があります。情報提供が不十分だった場合、医療事故の原因になったり、そのおそれに繋がるような自体につながります。添付文書の情報が更新された場合、改めて提供する必要があります。

医療機器の営業職の情報

↑PAGE TOP