医療機器を売ること

医療機器の営業の志望動機

医療機器メーカーの営業で働く

一人でも多くの命を救いたいと思っている人は、医療機関における医師や看護師、薬剤師のみではありません。その人たちが使う医療機器を製造し、販売している人たちも同じ思いです。医療機器メーカーの営業で働く人たちは、単に機器を売って儲けようという考えではなく、日々技術が発達する医療の現場を少しでも助けたいという思いがあるはずです。そのため、このような現場で働く志望動機は決して中途半端なものでは許されず、医療機関の人々の一角であるという自覚を持たなければなりません。そういった熱意や希望を、志望動機に込めることが重要です。

医療機器営業の仕事内容

医療機器は、疾病の治療や診断、予防に利用される機械器具です。使用する人は医師や看護師、臨床工学技士などの専門職です。営業担当者は自社の製品のことはもちろん、疾病についても詳しくなくては話が通じません。医療機器の有効性や安全性は、販売前に確実にする必要があります。それらが承認されない限り市場へ流通できません。メーカーは安全に使用するための情報を取扱説明書や添付する文書に記載します。営業は、その有効性や安全性について確実な情報提供をする責任があります。自社製品のリスクを低減して、有効性を最大限に引き出すための説明をします。

医療機器の営業職の情報

↑PAGE TOP